評判のいい家庭教師に頼めば成績が一気にあがる

参考にしてみる

女の人

オリジナルを考える

受験というと、高校受験や大学受験が一般的でしたが、最近は小学受験や中学受験も人気となってきています。いずれにしても、受験には試験があり、面接が設けられていることもあります。面接時に学校の志望動機を聞かれることも少なくありません。もしくは推薦入学の場合には、提出書類に志望動機を記載することもあります。そこで、志望動機についてあらかじめ考えておきましょう。いきなり面接時に聞かれても、スムーズに答えられないものだからです。まず、どんな回答がいいのか、例文を参考にします。面接マナー本などに例文が載っているので、いろいろと情報を収集してみましょう。もちろん、例文と同じ回答では面接官にバレてしまいます。あくまでも参考程度にとどめておき、最終的にはオリジナルで回答できるようにしておきましょう。通常、志望動機は自身の気持ちをそのまま伝えるものです。例文では、その学校の指針などに自身の気持ちと同じものを感じたということなどが挙げられます。共感できないことには、その学校に入る意味がありません。それから、その学校にしかない学科やコースなども志望動機に繋がることがあります。その学校の特徴を調べてみましょう。例えば、英文科などの海外留学に関係するような科があれば、将来、通訳志望の人には適していると言えます。このように、自身の将来の目的などに沿いつつ、例文を参考にし、取り入れてオリジナルな回答を用意しておきましょう。